iPhone XS vs iPhone X by CROY的比較考察

iPhone XS

Apple 発表 2018超短絡的、CROY的新型iPhone興味事項、有無有無

iPhone XS/XS Max/XRが発表されましたね!

細かいスペックは報道通りとして、スマホアクセサリーを提供するCROYとして気になるiPhone XSとiPhone Xとの比較を覚書メモメモ。

iPhone X vs iPhone XS 外寸比較

ケース、バンパー、モバイルバッテリーを提供するCROYとして一番の興味は端末サイズと充電ポート周りの仕様変更になります。今回、胸を撫で下ろしたのは期待した通り、iPhone XとiPhone XSのサイズが縦横厚みともに同数値だったこと。以前にもお伝えしましたがAppleは新機種販売後にケースメーカー向けに仕様ガイドを提供してくれます。こんな感じで→『アクセサリガイドライン-Apple Developer

現時点においてはiPhone XS/XS Mac/XRについての仕様は正式発表されていないのでボタンサイズ、ボタンの位置については気をつける必要がありますが、概ね過去のケース、バンパーの仕様を継承できるのでゼロから設計とはならず時間の短縮が可能かなと思います。

ちなみにiPhone XS Maxと比較する対象はiPhone 8 Plusだと思いますが、こちらは若干厚みが増しながら縦横が多少サイズダウンするようです。

  • iPhone X:143.6 x 70.9 x 7.7 mm
  • iPhone XS:143.6 x 70.9 x 7.7 mm
  • iPhone 8 Plus:158.4 x 78.1 x 7.5 mm
  • iPhone XS Max:157.5 x 77.4 x 7.7 mm

充電ポート周りについては言わずもがな変更無しですね。直近の情報では流石に流れなかったのですが、数ヶ月前までは『TYPE-Cになるのでは?』との噂話が流れました。中期的にはTYPE-Cへの変更はあり得る話だとは思いますが、Lightning等、Apple独自規格をサードパーティーに開放して商売をしているAppleがそう簡単にLightningを手放すとは思えませんし、TYPE-CにするにしてもそこへApple独自の仕様を盛り込んでくるかと思われます。また、ケーブル周りを変更する=様々な機能を変更する必要があるので慎重に動くAppleとしては今回は充電ポート周りを変更してくる可能性は物凄く低かったのかなと思います。

iPhone X vs iPhone XS 防水防塵性能

注目すべきはこれ!

各メディアを見る限りサラッとしか触れられていない防水性能アップですが、うちとして今回の発表で最もOh!!!と感嘆したのがiPhone XS/XS MaxともにIP68防水に仕様がグレードアップしたことです。やるねApple。

iPhone X迄のiPhoneの防水性能はIP67(生活防水仕様/※詳しくはこちら)でした。平たく言うなら過去のiPhoneについては『雨で濡れたり、キッチンで水しぶきがかかるくらいならOK、でも水没はさせないでね。まぁ、水没してもすぐ拾ってくれれば問題ないかな?』だったのが、iPhone XSシリーズより『あんま水圧の掛からないプール程度なら落としてしまっても、数十分以内に拾ってくれれば無問題!』となりました。同じIP68完全防水防塵ケース「Extremeシリーズ」を提供しているCROYとしてはiPhone XSシリーズについても防水ケースの販売計画を保有しており、販売自体を見直すことはありませんがセールストークが変わってくるかと。過去の『生活防水仕様のiPhoneを水中撮影も可能な完全防水へ!』はもう使えませんね…。

それでもIP規格については真水でのテストを前提としており、海水環境では金属を使っている以上iPhoneの腐食の懸念もありますし、水没環境で撮影を行う=ボタン類を操作するわけで、水の中でグリグリボタンを押してもiPhone側が耐えられるのか?の疑問もあります。そして何より過酷な環境でiPhoneを使用した場合、スピーカー部分やボタンの溝に砂や塵が入り込みiPhoneにダメージを与えてしまう可能性はありますので、その部分にクローズアップしたプロ仕様の防水防塵ケースとしてPRしようかな、と思ったり思わなかったり。メーカーと協議しなければっ!

ここまでがCROY的考察。ここからは個人的考察。

iPhone XR カメラ性能

個人的に最も興味を引くのがiPhone XRのカメラ性能。デュアルカメラならそれぞれのカメラで撮った画像を内部処理することでボケを表現しり劣化の無い光学ズーム機能を使えたりします。シングルカメラのXRだと光学ズームは物理的に無理ですが、ボケの表現に関してはシングルカメラでありながら深度を測定して背景ボケを”デュアルカメラ並に表現 by Apple”出来るそうで。そうですか、マジっすか。アップルが一眼だしたら物凄く売れるのでは?

世の中デュアルカメラだトリプルカメラだ、搭載するカメラの数多い程良いスマホとの認識が広まりつつあるかと思いますが、その辺は個人的にはハテナな部分でして、いつもお決まりのSONYの話とかぶりますが足せば良いってものでもないかと。最近のガッツリ系ドカ盛りラーメンが苦手なおじさんは思います。価格を抑えるためにハードウェアで実現出来ない部分をソフトウェアで補う。物凄く正しい判断だと思います。

画素数ではなく画質で勝負するiPhone。iPhone XRを手にすることがあったら手持ちのiPhone Xと深度勝負してみたいですね。シングルカメラでどこまで表現出来るものなのか。Appleのことだから結構期待できそうな気がします。ね、SONYさん。

PS.
先程、iPhone XS MaxをAppleストアでポチりました!!!
9/21到着予定!!!

17万…たっかー…

Tags:
Leave a Comment

CAPTCHA